“全国葬儀事情ガイド” TOP > 東京都の葬儀事情・お葬式のしきたり > 清瀬市の葬儀事情

東京都清瀬市の葬儀事情

清瀬市の葬儀情報

清瀬市の主な斎場・葬儀場

東京都清瀬市の概要

清瀬市の地理

東京都から、埼玉県の新座市と所沢市の間に楔のように北へ突き出している。西の所沢市とは柳瀬川で、南の東久留米市と新座市とは野火止用水で境を隔てる。市内には金山緑地公園など緑地が多く、緑地面積は市域の約46%を占める。

清瀬市の遷移

清瀬市は1975年以後に市町村合併を行っていない。

清瀬市民憲章

縄文のむかし、太古の人びとは、柳瀬川のほとりに、点々と小さな集落をつくり住みついた。広い土地、清い流れ、豊かな緑、そして澄みきった大気があったからだ。いま、宇宙時代の朝、窓をあけて吸いこむ清らかな大気、陽に映える緑、快い小鳥のさえずり。今日の営みの音が、風にのって流れはじめる。まちのうちそとで働く人びとが行きかい、登校の子らが明るく歩み、笑顔でかわす街かどの挨拶。年老いた人を敬いいたわり、幼な子や病む人、体の不自由な人びとに思いやりの心をよせる。だれもが、きまりを守りゆずりあい、子や孫のために、より良い環境と風習を遺す努力を続ける手づくりのまちに、活気が溢れる。陽が緑のかげに沈み、やがて、やすらぎの夜がおとずれ、一日の営みに快く疲れた心と体をいやし、静かな眠りにつく。夢に描くのは、一つの輪。隣人と肩を組み、世界の友と心をかよわせる-。ふるさと清瀬を、このようなまちにするため、わたくしたちは未来への道標を、いまここに建てる。
美しい緑のまちを
明るく手をつなぐまちを
暖かい心のまちを
時代とともに歩むまちを
世界にひらくまちを

清瀬市の名所・旧跡

清瀬市郷土博物館 中富富士塚 日枝神社本殿 三猿の石燈籠 円通寺長屋門 平和祈念塔 志木街道 清瀬金山緑地公園

東京都各地の葬儀事情

23区

西部

中部

離島部

清瀬市の家族葬 | 清瀬市の仏壇店 | 清瀬市の霊園・墓地 | 清瀬市の墓石・石材店

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社